プラント工事とは何?どんな部分を施工管理する?

  • 2020年11月8日
プラント工事とは何?どんな部分を施工管理する?

プラント工事とはどんな工事を指す言葉か

プラント工事とは、工場を建てるのと何か違うのかと疑問に思われる方も少なくありません。基本的にプラント工事とは、物を生み出すための生産設備を作るための工事です。生産設備を作るために必要となる物を生み出すための機械や、機械を動かすための様々な配管工事、さらに設備を雨風から守るための建物や設備が安定して動くようにする工事なども含まれています。工場を含む複数の施設をまとめてプラントと呼ぶことが多いです。
工場建設の場合は、中の設備などではなく、建物ありきであることがポイントです。工場という場所を作るのであり、建物単体を考えることがポイントといえます。一見するとどちらも工事内容が似ているけれど、細かな部分を見ると専門知識の必要性や、工事内容が多少異なるといえるでしょう。

何をどのように管理したらいいのか

プラント工事を行う上で欠かせない仕事として、プラント工事施工管理があります。人々が快適に暮らすことができるために欠かせないアイテムを作るためのプラントを施工管理するのはいったいどういう職業でしょうか。
複数の工場や施設を一度に作るための工事といえるプラント工事は、工程管理や品質管理、安全管理や原価管理といった部分が大切です。特殊な機械を使用することや危険な物質を使うことも多いため、高い管理能力を求められます。専門知識があることや、様々な職種の人とのコミュニケーションによって工事を完了させるためのコミュニケーション能力が求められる仕事です。
業界で最も大きな現場となるビジネスに携われるとあり、自分の実力を試してみたいと思っている人に向いています。

施工管理の求人に応募するには、施工管理技士の資格が必要です。2級を持っていれば主任技術者の業務ができますが、監理技術者の業務を行うには1級の資格が必要です。