工場の仕事は自分に合ったタイプから選ぶ?得意分野を活かそう

  • 2021年6月29日
工場の仕事は自分に合ったタイプから選ぶ?得意分野を活かそう

流れ作業が好きならライン作業を選ぶ

一定の時間内で決められた作業を行うことが得意ならば、ライン作業を採用している工場が選択肢に入ります。なぜなら、ライン作業は1つの工程が決まっているので、最初は大変でも慣れたら普通に続けられるからです。そして、ある程度熟練してくると余裕が出てくるので、就職直後とは異なり楽に感じられるでしょう。また、飽きてしまったら他の工程も覚えたいと希望すれば、欠員時に便利な複数工程を担当できる作業員へと昇格できます。

スキルアップを目指すなら資格取得可能な工場

工場の仕事内容には、単純な組立作業だけでなく溶接や運搬業務が含まれます。マシンオペレーターだけでなく溶接やフォークリフト作業を行うためには専用の資格が必要となるので、工場で仕事を覚えながら徐々にスキルアップ可能です。そして、上位資格を取得するためには実務経験が必要となる場合が多いので、工場勤務を続けることで転職時に役立つ資格を複数持つといったキャリアアップにも役立ちます。さらに、資格取得手当が付く工場が多いので、頑張って資格試験を突破するほど給料アップを望めます。

手先が器用なら部品工場という選択がある

自動車や自動販売機といった多くの人数で巨大なライン作業を行うことが苦手ならば、部品工場を仕事先に選ぶ方法があります。部品工場は基本的に同じ製品を品質管理しつつ製造するので、手先が器用ならば細かい部品組み立てに向いているはずです。機械で生産するだけでなく、手作業でしか組み込みができないハーネスや結束バンドといった作業工程があるので、部品工場ほど手先が器用な人を探しています。

福岡の工場の求人は広いエリアで出ています。沿岸部に多いのが特徴で、大きな工場からの求人が豊富になっています。